BOOST OIL テスト走行

2021年01月02日20:00  ばなちー 写真あり

こんにちは!!シルベストサイクル プロモーションスタッフの知花友です。私は主に、シルベストサイクルの練習会やライドのサポートをしています。


今回、自転車ロードレースチームのプロ選手が開発した新しいチェーンオイルの紹介です!!
プロロードレースの世界ではロードバイクの駆動系、チェーンオイルの違いは大きな影響を与えると考えられてます。
そこでプロ選手が考案した新しい性質のチェーンオイル!!
BOOST OIL VIOLA

・SUPER DRI  ↓↓↓


BOOST OIL VELDE
・SEMI DRI  ↓↓↓


一般的なチェーンオイルは簡単な工程で作られることが多く、オイルの中でも不純物が多いことで温度変化による影響を受けやすいのがデメリットでした。

この『BOOST OIL』は不純物を取り除いた高品質なオイルで低温での劣化も少なく、耐熱性も備わったジェット機などの過酷な環境下で使われるオイルを主体としています。


自転車のチェーンオイルに求めるもの
『音が鳴らない』
『長い時間オイルが残っている』
『チェーンが汚れにくい』
『駆動時の抵抗感』


BOOST OILの特徴
・MADE IN JAPANの高品質
・医療用の容器を使用し酸化防止
・スポイト式になっていることで適量の注油ができる
・オイルが飛び散りにくい
・抵抗値が低い
・温度変化に影響されない


2種類のオイルを比べると
BOOST OIL VIOLA(ヴィオラ)
・SUPER DRI
・耐久性 小
・油膜切 大
・抵抗値 小
『かかりが速く、高回転で回し続けるのが楽』
『一足目がかなり軽くなるのを実感できる』
『スーパードライタイプだが、飛び散りにくく、雨天でも5時間ほどは持つとのこと』


BOOST OIL VELDE(ヴェルデ)
・SEMI DRI
・耐久性 大
・油膜切 小
・抵抗値 大
『回している最中は軽く感じるがしっかりとパワーをかけた時は踏んでいる感覚がわかる』
『スーパードライタイプと比べると足に伝わるパワー感が残るため、踏み心地で好みが分かれるところ』
『雨天時でも10時間ほど持つと言う驚きの耐久性の強さ』
⭕️使用時の注意
『チェーンに元から付いているオイルを完全に落としてからつけるとBOOST OIL本来の効果が発揮されます』
『15mlを使用する場合、スポイト2回半くらいでチェーン全体に行き渡るようにつけると適量』

このオイルを先に使わせて頂き、テスト走行として様々なシーンで活用させて頂きましたが、ひと踏み目で思わず「おぉ!凄い!!」と声が出る程、素晴らしく気持ちが良いペダリングが叶いました。


先日、このチェーンオイルをつけて、レースにも出たのですが、想像以上によく走れ、年代別優勝も果たせました。

メカのオイルメンテは、本当大切ですね!!

最近よく走っているグラベルロードでも、BOOST OILは、最高のパフォーマンスを叶えてくれました。ペダリングが非常に軽く、非常に走行がしやすいです。

皆様も是非2021年は、BOOST OILで新しいサイクルスタイル、はじめてみませんか。

前の記事 次の記事